ガルバリウム屋根工事の・価格・見積・施工の専門情報サイト                                        運営: 屋根工事見積お助け隊

ガルバリウム鋼鈑屋根工事 電話 0120−58−1152
ガルバリウムの屋根、瓦の1/10の重さ、30%以上安い
HOME
ガルバリウム
鋼板の特長
カバー工法
施工価格
既存屋根材
撤去しての価格
メーカー別
商品名・モデル名
材料別
施工カタログ
問い合わせ
フォーム
問重ね葺き
カバー工法とは?
ガルバリウム鋼板
の問題と対策
お助け隊の
施工例
運営組織
「お助け隊」が選ばれ
るには理由があります

その他の情報
ガルバリウム鋼板
ジンカリウム鋼板
自然石粒付鋼板
の違い
ガルバリウム鋼板
とルーフィング
の話、耐用年数

 

ガルバリウム鋼板・カバー工法とは?

   カバー工法とは、屋根材を剥がさずにその上から屋根材を張っていく工法ですが、
 これだけでは、分からないと思いますので、解説します。
        

   はじめに、屋根の構造からお話をすると、屋根材(瓦、スレート、金属材料など)を葺くその下には、屋根の構造体、棟木(むねぎ)、束(つか)、垂木(たるき、屋根材を直接支える構造体)があり、この上に屋根の構成物が葺かれます。
    
   ●左: 構造体(垂木)のすぐ上には、昔は野地板、今は、9mm以上の厚さのコンパネを張ります。
 ●右は、実際のコンパネを張っているところです。

 
   コンパネの上に「防水材」及び、「下葺き材」とか言われる、ルーフィングを施工します。 最後に仕上げ材である、スレート材料を施工したところです(右上) 基本的に屋根は、3層構造になっています。 
コンパネ+ルーフィング+仕上げ材 (瓦葺きの場合は、防水シートと瓦との間に、桟木という瓦を引っ掛けて固定する木材がはいります)です。

   屋根の葺き替えは;、屋根材・仕上げ材、ルーフィングの全てを撤去、剥がして新しい
 材料を施工しますが、その撤去費用は:
    コンパネ撤去費用: ¥2,000/u (防水シート撤去費用:無料の場合もあるが取られる場合も)
仕上げ材の撤去費用(ここの場合は、カラーベスト); ¥2,200/u  

たとえば、100u(30坪)の極普通の屋根の広さで、計算すると 
      コンパネ撤去費用:¥2,000 X 100 = ¥200,000−
      カラーベスト撤去費用:¥2,200 X 100 = ¥220,000−
 も掛かってしまいます。 プラスこの廃材の処分費も加算されます。

   これらの費用、手間を一気に省くのが、カバー工法です。 
撤去費用、廃材処分費用がなくなり、安くてエコな工法です。 この工法が使えるのは、屋根が
金属系、スレート系の屋根です。 
陶器瓦やセメント瓦で葺かれている屋根には、残念ながら適用できません。

   カバー工法 (重ね葺きとも言う:ベランダの屋根例)
 
      

 
ガルバリウム屋根 トップページへ
ガルバリウム屋根サイトは、ガルバリウム鋼板の解説、ガルバリウム鋼板での葺き替え価格・概算、その工法等
注目されるガルバリウム鋼板について情報を提供しています。 またガルバリウムの欠点、弱みなども紹介し、対策も解説します
更にガルバリウム得意とする優秀な屋根屋さんもご紹介しています
Nobilis Works 「ガルバリウム屋根」by 屋根工事お助け隊/copy right all reserved